srcds(L4D2サーバ)を建てる上で必要だと思う事

最初に個人的な感想
環境さえあれば、あとはググってなんとかなる。
個人的にサーバを動かし続けられたのは、
サーバ用PC(知り合いのお下がり)を確保できた事と、生活エリア以外に設置できた事が大きいです。

本題、必要なことについて
環境

  • サーバPC(Windows or Linux)
    Rino ServerのようにC2Dレベル、メモリ1GBあれば3鯖までいけます。
    1PCではできないの?と聞かれるけど、正直あまり興味がないのでわからないです。
  • サーバPCを起動し続けられること
    つけたり消したりは以外と面倒くさい。
    かといって同じ部屋に起動しっぱなしだと、音が気になったりするので別の部屋に設置できると嫌にならないと思います。
  • リモートで管理できること
    上と絡むのですが、いちいちサーバの前まで移動するのはすごく面倒くさいので
    リモートで操作できる手段を確保しておくと面倒くさくならずにすみます。
    リモートデスクトップ(Winのプロとかビジネスのみ),VNC,SSH等
  • ポート開放できる事(ポート0にならずにPeercast見れてる人なら問題ないです。)

必要な知識について
下から書いていくと

  • ネットワークの知識
    IPアドレス設定したり、ルータのポート開放設定したりその程度
  • OSの知識
    Win、Linuxともにファイルコピーしたり、テキストファイル編集したり、アプリインストールしたりその程度
    それぞれのメリット、デメリット
    Win
    メリットは普段使ってるから馴染みがある、デメリットはないかな。
    Linux
    メリットはサーバ触ってる気分になれる、デメリットは普段使ってなかったら覚えなきゃいけないから面倒くさい。
  • SRCDSの知識
    ググってインストールと設定ができる程度
  • プラグインの知識
    Metamod:Source
    ググってインストールできる程度
    Sourcemod
    ググってインストールと設定ができる程度
    Confogl
    ググってインストールと設定ができる程度
  • CustomVote(!votemenuのあれ)
    ググってインストールと設定ができる程度

最低限これくらいかなぁと言う感じです。

ちなみに、サーバのインストールからConfoglが動くまでをまとめた手順は誰も作っていないので、個々の情報をそれぞれググって調べる事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。