Confoglのヘルスボーナスと管理

LTL盛り上がってるから、最近Confoglはじめた人向けにヘルスボーナス解説してみる。

Confoglでは残り体力がヘルスボーナスとしてポイントに加算されます。
その為、体力の管理が重要になってきます。
参考までに、考え方をまとめておきます。

重要なポイント三つ。
・より多くの人数で生存したほうがヘルスボーナスは大きくなる。
・ヘルスボーナスは仮体力よりも実体力の方が重要。
・ヘルスボーナスは距離が長いマップの方が大きくなる。

肝はこの三つです。

解説
・より多くの人数で生存したほうがヘルスボーナスは多くなる。
ヘルスボーナスは4人分(ダウンを含む)の平均かける生存者数(ダウン含まず)で算出されます。
なので3人が体力100でも一人死んじゃうと
100+100+100+0=300の平均(300/4=75)の3人分の275点しか入りません。おこして4人ではいると295点+あるふぁ入ります。

・ヘルスボーナスは仮体力よりも実体力の方が重要。
残り体力にもいくつか種類がありますが、重要な順に並べていくと以下のようになります。
1.実体力
2.仮体力(ダウン回数0)
3.仮体力(ダウン回数1)
4.仮体力(ダウン回数2)

なぜかというと、仮体力はダウン回数に応じて減らされてしまうんです。
(0ダウンなら0.3倍、1ダウンなら0.17倍、2ダウンなら0.1倍)

・ヘルスボーナスは距離が長いマップの方が大きくなる。
上で3人ゴールした時は275点しか入らないって書いたけど、実はもっと入ります。
まず、どのマップでも固定値でヘルスボーナスは2倍されます。
さらに、距離ボーナスをを400で割った値をかけます。フィナーレなら800割る400でさらに2倍。

具体的な方法。
・より多くの人数で生存したほうがヘルスボーナスは多くなる。
セーフルーム入る時に味方がダウンした場合は、削られずに起こせそうなら起こす。

・ヘルスボーナスは仮体力よりも実体力の方が重要。
削られるなら実体力じゃなくて仮体力。
例えば、仮体力を犠牲にして実体力持ってる人を助けにいくとか、仮体力を削られ役に持っていく。
セーフ前では、ピルはダウン回数少ない人に渡す。

・ヘルスボーナスは距離が長いマップの方が大きくなる。
長いマップほど、体力の管理は気をつける。

以上。加筆修正するかも。
具体的な計算方法は↓。上記内容もそのうち統合します。
http://blog.rino-server.jp//?page_id=432

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。