「プラグイン情報」カテゴリーアーカイブ

SourceMod

http://blog.rino-server.jp/?page_id=396
<概要>
SourceMod is server modification for any game that runs on the
Half-Life 2 engine. It is a powerful, highly optimized platform for
scripting plugins and handling server administration. The default
package comes with a base set of plugins, but there are over 450 plugins
in the community.

(多くのプラグインのベースとなるプラグインセット。Half-Life2エンジンのゲームで動く。)
<バージョン>
1.3.2

<ダウンロード>
Sourcemod
Linux
の場合はtar.gz、Windowsの場合はzip。

<必要なプラグイン等>
Metamod1.8.1

<インストール方
法>
1.解凍してできたaddons、cfgをleft4dead2直下のaddons、cfgに上書き。
2.サーバを起動して以下を確認
2.1.meta listでsourcemodが表示される。
2.3.sm versionでバージョンが表示される。
3.表示されない場合。
3.1.インストール先の確認
4.それでもダメなら↓のページを見ながら、始めからやりなおす。
(Installing SourceMod)
以上
<実行方法>
特になし。
<備考>
特になし。

Metamod:Source

http://blog.rino-server.jp/?page_id=392
<概要>
Metamod:Source is a C++ plugin environment for Half-Life 2.
It acts as a “metamod” which sits in between the Game and the Engine, and allows plugins to intercept calls that flow between.
It provides a mechanism called SourceHook, a very powerful library for intercepting, overridding, and superseding virtual function calls.
(ソースエンジンとゲームの間で動いてプラグインが色々できるようにしてくれる。)
<バージョン>
mmsource-1.8.1
<ダウンロード>
Metamod:Source
Linuxの場合はtar.gz、Windowsの場合はzip。
<必要なプラグイン等>
なし
<インストール方法>
1.解凍してできたaddonsをleft4dead2直下のaddonsに上書き
2.vdfファイルのインストール
2.1.Make your VDFページでOS、Game(Left4dead2)、Gamefolder(特に変更していなければ空欄でOK)を指定する。
2.2.Generate metamod.vdfをクリックしてダウンロード。
2.3.left4dead2直下のaddonsにいれる。
3.サーバを起動してmeta versionでバージョンが表示されればOK
4.表示されない場合。
4.1.インストール先の確認
4.2.vdfファイルをテキストエディタで開いて、パスが正しく指定されているか確認。
5.それでもダメなら↓のページを見ながら、始めからやりなおす。
(wiki.alliedmods.net)
以上
<実行方法>
特になし。
<備考>
特になし。

観戦者枠の導入

いろいろ見てると、観戦者枠を導入するためには二つやらないとダメっぽい。
1.入れる人数を増やす
2.サーバが立てる「もう満員ですよー」っていうフラグ的なものをを落とす

1.のほうはデフォルトのCvarでいける。
でも、それを変えても既に8人サーバに入ってると「満員ですよ」ってメッセージが出てはじかれる。
だから1.とは別に2.のフラグ的なものをもってそうなんだけど、これはcfgファイルいじっても変えられない。
で、プラグインの出番。
L4Dnaoででてくるこれとか。

ただConfoglの設定値見てたらそれっぽいのがあるから、Confogl動いてるときは追加でプラグインいれなくてもいける気がしないでもない。